西船橋デンタルクリニック外観

医療費控除

インプラント・矯正*・入れ歯・PMTCなど自由診療は医療費控除の適用が受けられます

1年間(1月1日から12月31日まで)に医療費として支払った金額10万円以上(所得が200万円以下は所得の5%)の治療費は、上限200 万円で医療費控除を確定申告することで、一部を還付してもらえる場合があります。

*発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列 矯正や、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて、社会通念上その矯正が必要と認められる場合に医療費控除の対象となります。

(例)課税される所得金額が 330~695万円 以下で、年間の医療費が 200万円 の患者様の場合
(所得税:20%で計算)

  1. 38万円(190万円×所得税率20%=38万円)を上限として確定申告後に戻ってきます。
  2. さらに住民税(一律10%)も19万円(190万×10%=19万円)減額されます。
190万円の治療費が実質は、133万円(確定申告後に57万円が返金されます)

医療費控除の対象となる医療費や確定申告に必要な書類の詳細は、国税庁タックスアンサーの「医療費を支払ったとき」をご覧いただくか、最寄りの税務署へおたずねください。

対象となる治療費

  • 虫歯の治療費
  • 総入れ歯の治療費
  • いわゆる「親知らず」の抜歯
  • ゴールドやセラミックなどの高価な材料を使用した保険外の歯の治療費
  • 発育段階にある子供の歯並びを矯正するための治療費
  • 治療のための通院費(通院に付添が必要な時などは、付添人の交通費も含む)

対象とならない治療費

  • 容貌を美化したりするための矯正治療費
  • ラミネート・ベニア法
  • ホワイトニング

注意

  • 実際に支払った年度分が控除の対象になりますので、昨年分の医療費は控除の対象にはなりません。
  • 例えば、昨年に治療を行い治療費を今年支払った場合、支払った今年の医療費控除の対象になります。
  • 治療は前の年に終わり、前年に20 万円、本年に30 万円支払った場合、20 万円が昨年分、30 万円が本年分の医療費控除の対象になります。
    (歯科ローン利用時には、確定申告時に契約書もご用意ください)
  • 妻や子ども(生計を一緒にしている人)にかかった医療関係費は夫の確定申告に合算することができます。
  • 申告には領収書が必要となりますので、お渡しする領収書は大切に保管してください。
  • 健康保険組合などから補てんされる金額がある場合には、医療費から差し引く必要があります。

お困りの内容は?

  • 西船橋デンタルクリニック地図
  • 携帯サイト
  • 駐車場完備
twitter