西船橋デンタルクリニック外観

歯を失った

以下の3つの治療法が考えられます

インプラント入れ歯ブリッジ

歯が欠損した状態を放置しておくと、欠損部位だけでなく、その周囲の歯や歯槽骨に影響を及ぼします。歯は加齢と共に少しずつ移動していますので、歯が無い状態が続くと、ない部分へ歯が移動し、歯列咬合が崩壊してしまいます。欠損補綴(ない部分を補う)で良かったものが他の治療をしなければならなくなり、治療期間や金額も高額になります。早めに治療を行うことをオススメします。

インプラント、義歯、ブリッジの比較

  インプラント 義歯(入れ歯) ブリッジ
  インプラント 入れ歯・義歯 ブリッジ
説明 歯が欠損した部分にチタン合金製のネジを挿入します。チタンは、骨と一体化するので新たな歯として機能します。 歯が欠損した部分に装着する着脱式の装置です。一般的には「部分入れ歯」と呼ばれます。両側に隣接する歯に金具で固定するため、負担が掛かりやすいです。 歯が欠損し部分の両隣の歯を削合して、連結した金属感を装着します。
メリット 自分の歯に近い構造で、自分の歯と同じように噛むことができ、見た目も綺麗です。 口の中の型を採る程度の比較的簡単な治療で済みます。 自分の歯と同じように噛むことが出き、部分入れ歯のような床がない分、違和感がありません。
デメリット インプラントを埋め込むための手術が必要です。保険適用ではないため費用がかかります。 硬い食べ物や、粘り気のある食べ物では苦労することがあり、異物感を感じる人もいます。 ブリッジを固定するため、両隣の歯を削る必要があります。
  インプラント詳細 義歯詳細  

インプラントって?

インプラントとは、歯の失われた部位の顎の骨の中に人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法を言います。インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造を持ち、口の中の機能回復と審美性を追求した治療方法です。

インプラントは、上部構造、アバットメント、インプラント体から構成されます。

インプラントの治療の流れ(2回法と呼ばれる治療法です)

【Step1】 初診
インプラント治療についての相談と説明
レントゲン 【Step2】 精密検査
精密検査口腔内写真検査、模型検査、CT検査をいたします
※CT検査のメリットは、これまでのレントゲンでは把握できない3次元画像の解析を行うことで、正確な治療方針と安全なインプラントを提供できます。
インプラント体埋入 【Step3】 インプラント埋入
手術1回目 骨の中にインプラント体を入れます。
(骨とインプラントが結合するまで、上顎4~5ヶ月 下顎3~4ヶ月間待ちます。) 
2次OPEと仮歯セット 【Step4】2次OPEと仮歯セット
手術2回目 骨の上に歯の土台となる部分をつけます。
冠の型取り 【Step5】冠の型取り
冠の型取り最終的な冠の型取りをします。
冠の設定 【Step6】冠の設定
冠の設定出来上がった冠を付けます。
【Step7】メンテナンス
3か月に1度定期健診をします。歯周病のチェック、ネジの緩みチェック、咬み合わせなどをチェックします。

お困りの内容は?

  • 西船橋デンタルクリニック地図
  • 携帯サイト
  • 駐車場完備
twitter