西船橋デンタルクリニック外観

歯並びが悪い

以下の2つの症状が考えられます

矯正セラミック治療

矯正

綺麗な歯並びは健康の素

歯並びの善し悪しは、たんに見た目の美しさだけのことではありません。もっと心身の健康にとってとても大切なことなのです。歯並びが悪いと・・・歯の噛み合わせが悪くなり、胃腸病や歯の病気にもかかりやすくなります。また、精神衛生上にも悪い影響を与えてしまうなど、思っている以上の窓外を引き起こして島します。そこで、矯正治療をオススメします。一度治療を施せば、生涯にわたって整った歯並びを手に入れられます。そればかりか、あごも良い状態になるため、口元までも美しくなります。きれいな歯並びは健康の素。今まで以上に会話や食事が楽しいものとなります。

矯正の先生について

当院には、知識と経験のある日本矯正歯科学会認定医が在籍しておりますので、お子様から大人の方まで幅広く対応可能であることと、無駄のない確実な治療を行うことをお約束します。医療法人社団新生会内8つの医院(東京・埼玉・千葉)の矯正のほとんどを担当しておりますので、安心してお任せください。治療内容・使用装置・治療期間・治療費用は、矯正医より患者様のご希望を優先した推奨プランを提示させていただきますので、ご検討いただければと思います。詳しくはカウンセリングをご予約ください。

小児矯正について

矯正治療は、大人になってからでも可能ですが、小さい頃の方が顎の骨が柔らかく、これから成長していく段階にあるため改善しやすいという点にあります。

メリット デメリット
●成長途中であるため、歯が移動しやすい
●歯を抜かない治療の可能性も高まる
●歯を支える歯肉、歯槽骨が順応しやすい
●顎と歯のバランスのとれた成長が期待できる
●治療期間が長い
●ブラッシングがうまく行えないため、虫歯や歯周炎になってしまう可能性がある
●矯正装置により、身体的および心理的な負担になることがある

成人矯正について

矯正治療は、子供の時期に治すものという意識がありましたが、現在では、治療方法や矯正装置の多様化により大人でも矯正を始めることが可能です。大人の方の矯正治療の場合、装着装置に抵抗があったり、期間についての不安がよく聞かれますが、患者様のライフスタイルにあった矯正方法を提案させていただきますので、まずは、カウンセリングをオススメいたします。

歯並びが悪いと。。。

  • 虫歯になりやすい
  • 歯周病になりやすい
  • 噛み合わせが悪いくなることにより、姿勢のバランスがくずれてしまったり、頭痛・肩こりを引き起こすこともある
  • 発音に支障をきたす場合もある
  • 食べ物を噛みずらい
  • 容貌に関わる
  • 心理的負担になることがある

矯正のデメリット

歯並びが良くなれば、虫歯や口腔内、身体へのリスクが低くなることは確かですが、その分、いろいろな面でデメリットもあります。ご不明な点は担当医師にご相談されて納得の上、矯正を始められることをおすすめします。

  • 期間を必要とします
  • 費用を必要とします(方法により様々です)
  • 月に約1回来院する必要があります
  • ある程度の痛みがあります

矯正の原理(歯を動かすということ)

矯正治療は、人の体が元々持っている骨の代謝機能を利用して歯を動かしています。骨は一定の圧力がかかると吸収という減少を起こしますが、圧力を軽減しようとして、骨を溶かしていきます。歯が動いて隙間が空いてしまった部分には、新しく骨が作られます。このような骨の代謝を利用することにより、ゆっくり歯を動かしていくのが矯正です。

様々な不正咬合(ふせいこうごう)

良くない歯並びや咬み合わせのことを、「不正咬合」と言います。顎顔面への機能的な障害の原因となったり、見た目の美しさにも悪影響を及ぼす場合もあります。

正常咬合 正常咬合 上歯列が下歯列に少し被さるような状態で、正しい位置で噛み合わされています。 叢生
(そうせい) 叢生
顎が小さく、歯が出てくる場所が狭いため、このような状態になります。
開咬
(かいこう)開咬
指しゃぶりを長い期間続けていたことが原因の一つです。矯正できる条件は、指しゃぶりをやめている必要があります。 下顎前突
(かがくぜんとつしょう)下顎前突
下顎が上顎よりも前に出ている状態です。受け口、しゃくれなどと呼ばれることもあります。
八重歯
(やえば)八重歯
犬歯が飛び出している状態で叢生の一つです。 過蓋咬合
(かがいこうごう)過蓋咬合
噛み合わせが深く、上歯列が下歯列に覆いかぶさっています。
埋伏歯
(まいふくし)埋伏歯
歯茎の中に歯が埋まっており、出てきていない状態です。歯の出てくるスペースがないため発生するパターンが多いです。 空隙歯列
(くうげきしれつ)空隙歯列
歯と歯の間に隙間がある状態です。すきっ歯とも呼ばれます。
交叉咬合
(こうさこうご)交叉咬合
上歯列と下歯列が通常の噛み合わせよりもねじれたような状態で噛み合わされている状態です。 正中離開
(せいちゅうりかい)正中離解
上前歯に隙間が空いている状態です。

矯正治療の種類について

種類 メリット デメリット
金属製ブラケット 金属製ブラケット ●材質が頑丈なため、咬合力、強制力などによる変更、破折が少ない
●歯を動かすワイヤーの情報を正確に伝えることが出来るので、的確に矯正治療が行える
●表側矯正の場合、いろいろな症状の不正咬合治療に対応することが出来る
●装置についた汚れがわかりやすい
●経済的に安価である
●装置が銀色のため目立つ
●金属の種類によっては、金属アレルギーを起こすことがある
審美ブラケット 審美ブラケット ●ブラケットやワイヤーを白色や透明のもの(プラスチックやセラミック)にするため、金属ブラケットよりも目立ちにくい。
●金属製と同様の効果が期待できる
●金属アレルギーの心配はない
●強度の面で、金属ブラケットよりも若干劣る
●金属よりもやや高額
マウスピース矯正 マウスピース矯正 ●装着していても目立たなく、患者様ご自身で装着・取り外しができる
●発音障害や不快感がない
●定期的に新しい装置に交換して、少しずつ矯正を行う

→当院ではインビザラインもご用意しております。
●対応できる症例が限られている
●治療期間が長くなる
●決められた装着時間を守らないと、結果に影響が出る
●金属よりもやや高額
裏側(舌側)矯正 裏側矯正 ●矯正装置が目立たない
●虫歯になりにくい
●矯正の結果や、治療期間は金属ブラケットと遜色ない
●装置による違和感と発音がしずらくなる
●表側金属ブラケットよりもやや高額
口腔筋機能トレーナー口腔筋機能トレーナー ●歯そのものを移動させるのではなく、口の中の筋肉を鍛えることで、結果として歯並びを良くする機能を持つ
●起きている時間に1時間と就寝時に着用のみで、負担が少ない
●矯正装置に比べて安価である。

口腔筋機能トレーナーについての詳しい説明はこちら
●期待の結果が得られない場合もある
●取り外し可能な装置な為、子供にとって決められた時間に装着するのは難しい場合もある。

矯正治療の流れ

Step1 治療相談
無料60分
治療相談 主訴(気になるところ、治したいところ)を伺わせていただきます。一般的な矯正治療(装置、期間、費用)についてご説明いたします。説明のビデオを見ていただきます。気になるところはどんどん質問してください。
Step2 精密検査
¥36,75060分
精密検査 実際に、患者様の骨、歯、顎関節の状態をレントゲン、写真(顔、口の中)、歯型、などを基に詳細に検査させていただきます。検査により意外な症状の原因がわかるかも知れません。
Step3 治療説明
無料60分
治療説明 検査資料により、診断及び治療計画について説明させて頂きます。勿論、検査の検査結果等はわかりやすいように説明させていただきます。その上で、装置、期間、費用等の最適なプランを相談し合います。
Step4 ご契約
ご契約 治療計画にご納得していただいた場合にのみご契約をして頂いております。治療期間は短くありません。長いお付き合いになると思いますので、万が一不安な点などございましたら何でもご相談ください。
Step5 治療開始
¥5,25060分~
治療開始 装置装着します。初めは強い違和感を感じるかもしれませんが、すぐに慣れます。ブラッシング指導、クリーニングも行います。ブラッシングや状況など不安なことはどんどん聞いてください。
Step6 調整
¥5,250/治療毎30分
調整 3~4週間に1度来院して頂き、皆様の歯の状況をみながら調整をしてきます。また、治療中の歯の状態を見せていただきブラッシング指導、クリーニングをさせていただきます。
Step7 装置除去
60分
装置除去 一般的には、装置装着から除去までには2年から3年程度かかります。装置をはずし、クリーニングをさせて頂きます。
Step8 保定・経過措置
¥5,25060分~
保定・経過措置 歯は舌の動きや生活習慣により動いてしまう場合があります。後戻りを防ぐために、リテーナーという装置を付けます。安定するまで3~6か月に1度来院してもらい、経過観察を行います。

ご質問

治療期間はどれぐらいかかりますか?
約1年から3年です。この期間が終了後も保定装置と言って、歯列の後戻りを防ぐために一定期間装着していただくことになります。
子供の矯正は何歳ぐらいが適当ですか?
乳歯と永久歯が混在している7歳~11歳の混合歯列期に行うことが多いです。成長度合いが個人により異なりますので、この年齢以外でも行う場合もございます。詳しくはご相談ください。
短期間で矯正をしたいのですが。
歯科医院によっては、差し歯利用し歯列を治療する場合もございますが、リスクが大きいので、おすすめしておりません。
矯正するために歯を抜くと聞いたことがあるのですが。
基本的には、抜歯をせずに矯正できる方法を実施します。しかしながら、患者様の歯並びによっては、小さい顎に無理に歯を並べるよりはということもあり、よくご説明の上、抜歯をご検討いただく場合もございます。
金属の矯正装置に抵抗があるのですが。
昔から行われている金属の矯正装置は、的確に矯正できる反面、審美的にどうしても抵抗のある方も少なくありません。当医院では、インビザラインというマウスピース型の矯正装置もご用意しており、患者様のご希望により治療可能ですので、ご相談ください。
矯正中の食べものは何を食べても平気ですか?
基本的には、矯正中だからと言って、食生活が変わることはありませんが、おせんべいなどの硬いものやガムなどのべたつくものは、矯正装置が変形したり、壊れたりする原因になりますので、控えることをオススメします。硬いモノでも、小さく砕いたりして召し上がる分には、大丈夫です。
治療中は虫歯になりやすいですか?
なりやすいのは否定できませんが、装置がないときよりもじっくり丁寧に歯磨きを行うことで回避できるでしょう。歯磨き方法は、装置装着の時にご説明しますので、ご安心ください。
矯正は痛いですか?
装置を付けて、慣れるまでに1週間位かかると思ってください。痛くて何もできないほどになることはあまりありませんが、もしそういう場合は、ご連絡ください。
金属アレルギーがあるのですが。
現在の矯正方法には、マウスピース型の矯正装置などもあり、全くのメタルフリーなものもございますので、心配な点は、ご相談ください。

お困りの内容は?

  • 西船橋デンタルクリニック地図
  • 携帯サイト
  • 駐車場完備
twitter