西船橋デンタルクリニック外観

歯が欠けた・詰め物が取れた

以下の2つの症状が考えられます

虫歯セラミック治療

歯が欠けた

転倒やぶつかったりして歯が欠けてしまうことや、歯の表面がもろくなっていたまたは、虫歯の可能性があり、まずは診察を行います。事故によるものでしたら、欠けてしまった程度により、詰め物または差し歯をご検討いただきます。歯が欠けている場合、放置しておくと、虫歯になりやすくなる可能性がありますので、早めに医院にご相談ください。

詰め物・被せ物が取れた

以前に治療した詰め物・被せものが、ふとした時や食事中に取れてしまうこと、以前に入れた差し歯が経年により変色してしまったり、取れてしまうことは、よくあります。パターンとしては、合わない詰め物や被せ物をしていた確率が高く、隙間から虫歯菌が入りやすい状態になっていたかもしれません。まずは、虫歯がないかの確認をします。

セラミック治療について

保険適用の治療ですと、いわゆる銀歯の詰め物や被せ物を利用することになります。しかし、治療箇所によっては、銀歯では目立ち、気になさる方もいらっしゃるでしょう。当院では、お客様のご希望があれば、セラミック治療も承っております。種類や価格も様々ですので、まずはご相談ください。

セラミックインレー(詰め物)

保険の詰め物 セラミックインレー
保険内の治療では、中程度の虫歯の場合、白いレジン(歯科用プラスチック)や銀色の詰め物をします。 セラミックの詰め物に変えると、天然歯と同じ色になり、ほとんど元の歯と遜色のない状態にできます。(自費診療となります)

セラミッククラウン(差し歯)

メタルボンド オールセラミック ジルコニア
メタルボンド オールセラミック ジルコニア
金属のフレームにセラミックを焼き付けたもの。セラミックの差し歯として最も一般的です。 金属を使わずにセラミックのみで作ったもの。
非常に審美性に優れています。
メタルボンドの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用したものです。 金属を一切使用しないため、アレルギーの心配がなく強度に優れています。 オールセラミックよりも更に透明性があり、天然歯に近いものです。

ラミネートべニア

ラミネートベニヤとは歯の表面にセラミック製のごく薄いシェルと呼ばれる板状のものを接着し、きれいな歯を形成する方法です。 前歯などで変形した部分や部分的に破損のある歯、または治療のために充損されたものが経年のうちに変形したりした場合にきれいに修復することが可能です。 主に歯の変色や、すきっ歯、奇形歯などに使われます。変色も簡単に綺麗になります。

ラミネートベニア1 ラミネートベニア2 ラミネートベニア3 ラミネートベニア4
歯の変色やすきっ歯、奇形歯を対象にします。 表面をキレイにします シェルを装着 審美的にキレイになります

お困りの内容は?

  • 西船橋デンタルクリニック地図
  • 携帯サイト
  • 駐車場完備
twitter