西船橋デンタルクリニック外観

歯が痛い・しみる

口呼吸や舌癖と歯並びの関係

正常な発育、発育不全、開咬状況

舌と唇の機能によって歯の位置が決まります。上記右図のように、口呼吸(常に口から息をしている。本来は鼻呼吸が正常)をしていると細長い顔つきになり、舌位置が下がるため、上の歯並びの空間が狭くなり、叢生になります。また、上記中央図のように逆嚥下(口を大きく開けて舌を突き出す)が癖になっていると、唇と顎の間の筋肉(おとがい筋)が圧迫され、下の歯並びの空間の発達が抑えられ、下の前歯に叢生を引き落とします。

トレーナーシステム&マイオブレイス

トレーナーシステム&マイオブレイス

口呼吸・舌突出・不正な嚥下など筋機能癖は、不正咬合、顔面の発育不全や後戻りの原因となります。この装置はこれらの筋機能癖 を改善し顎や歯の成長発育を正常化させて自然で理想的な咬合状態に誘導する装置です。使用は夜間と日中1~2時間のみなので、学校や塾へ通う時には使いま せん。食事や歯ブラシの不都合もなく、とても快適な装置です。ただ自分で取り外ししてもらいますので、外しっぱなしでは効果は出ません。患者さんの協力が とても大切になってきます。今までにない画期的な矯正装置です。

トレーナーシステム&マイオブレイスの利点

1、顎や体の成長に悪影響を与える口呼吸を改善し、筋機能を正常化させ理想的な
咬合へ誘導します。
2、筋機能を改善するので矯正治療後の後戻りが少ない。
3、夜間と日中1~2時間の使用。
4、矯正装置の装着による不快感が軽減されます。

装着方法

トレーナーシステム着用方法

①舌位置の目印を上に向けて持ちます
②口に入れます。
③舌位置を舌の目印に合わせます。
④やさしくトレーナーを噛みます。
⑤舌位置はそのまま、鼻でゆっくり呼吸します。

トレーナーシステム T4K TRAINER (6~12歳の混合歯列期に)

トレーナーシステム T4K TRAINER

①トゥースチャネル・・・前歯を整列させます。
②タンタグ・・・舌を積極的に訓練します。
③タンガード・・・舌突出しを止めます。
④リップパンバー・・・頤筋の活性を抑えます。
⑤クラスI切端咬合・・・機能性装置と同じです。
⑥翼状ベース・・・TM関節を脱力させます。

トレーナーシステムは6歳から12歳の混合歯列期(乳歯から永久歯への生え変わりの時期)にしようする装置です。夜間+1時間使用し、成長に有害な口呼吸を改善し鼻呼吸を促すことによって、歯や顎の成長を正常化させて綺麗な歯列に誘導していきます。

マイオブレイス (12歳以降の永久歯列に)

マイオブレイス

①Tooth Alignment
  ここのスロットが前歯を揃えます。
②Myofunctional Effect
舌と口輪筋を訓練します(筋機能効果)。
③Jaw Development 
内部のDynamiCoreが顎の発達を促進します。

マイオブレイスは12歳以降の永久歯列で使用する装置です。この装置は個々の歯に合わせたスロットとダイナミックコアDynamicCoreをもっており、活性をもつコアが歯列の発育をコントロールします。マイオブレイスは中程度から軽度の不正咬合を持つ子供達に適しています。

インファントトレーナー Infant TRAINER (2~5歳の乳歯列に)

インファントトレーナー infant TRAINER infant TRAINER

①口の中にinfant TRAYNERを入れてください。
②infant TRAYNERを穏やかに噛んでください。
③唇を合わせて、鼻を通して呼吸をしてください。

インファントトレーナーは2~5歳の乳歯列の子供にしようします。これは子供が顎の筋肉を使用している間に正しく咬むことを訓練するものです。子供に鼻を通して呼吸をさせ、正しい嚥下方と舌の位置づけを訓練させます。これにより子供が成長した時にブラケットや抜歯のような歯列矯正治療をける必要性を防ぎます。毎日2回10~20分の使用で子供の顎筋肉、嚥下、呼吸法に効果を与えます。

お困りの内容は?

  • 西船橋デンタルクリニック地図
  • 携帯サイト
  • 駐車場完備
twitter