toggle

子どもの矯正治療

「子供の歯並びが気になるけど、今すぐ始めたほうがいいのかしら?」と思われる親御様も多いと思います。小児の場合の矯正はいつから始めるのが良いのかという質問には、お子様の歯並びの状況によって変わりますとお伝えしています。歯の抜け変わりもお子様により時期が違いますし、成長の速度も違いますので、全てを勘案して矯正の時期を検討します。

どうして矯正治療をするか?

お子様の笑顔には必ず歯が見えることでしょう。そして話始めれば、クリアな音が出ていることを何よりうれしく思うのは親御様かもしれません。良い歯並びは、見た目はもちろん、発音にも影響します。また生涯しっかり噛めることは、健康でいられ、長生きの秘訣でもあります。

歯並びが悪いと、歯を支える歯槽骨が少なく、いつか歯周病になった時に、進行が早くなったり、ぐらぐらしやすくなります。もちろん、歯並びが悪いことで、歯磨きがしづらいため、歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病のリスクも高まります。将来を見据えて、小さいうちに矯正をすることも、その後の人生のために、必要な選択かもしれません。

いつから矯正したらいい?

3歳児健診など健診の際に、不正咬合を指摘される場合があるでしょう。まずは、永久歯が生え始めたら検査をしてみましょう。早い段階で気になる点を歯科医師に診せることは得策です。診せたからと言って、すぐに矯正を始めるということではありません。受け口などは、乳歯から永久歯になる際に自然治癒する場合もあります。経過観察をしましょうという場合もありますし、乳歯の間でもできる矯正のプレ治療があるかもしれません。お子様の歯並びの状況や体や心の成長により様々です。歯科医師がベストなタイミングを見計らいますので、気になる点が生じたときに診察を受けてください。

矯正についてはこちらもご覧ください

Call Now Button