toggle

ヒアルロン酸注射

特徴

  • お口の中やお口の周りに注射することにより、しわを伸ばし、ハリのある肌になります
  • ヒアルロン酸を直接皮膚に入れますので、効果が持続します
  • 注射後、すぐに日常生活に戻れます
  • 入れ歯が合わなくなったことによるしわ、歯肉が後退してできた歯間の隙間、目立つ法令線・マリオネットライン、お口の周りのたるみ・しわの改善に

ヒアルロン酸注入の効果の持続時間は?

ヒアルロン酸は自然に体の中で吸収されますので、次第に効果が薄れます。6~12か月を目途にに追加の注射されると良いです。

治療症例

お口周り、法令線の改善

ほうれい線の改善

女性のお口の周りのほうれい線の改善

ほうれい線の改善

男性のほうれい線の改善

ほうれい線の改善

口の周りのしわ改善

口の周りのしわの改善

ブラックトライアングルの解消

歯ぐきの後退によるブラックトライアングルの解消

ヒアルロン酸注射についてQ&A

Q. ヒアルロン酸とはなんですか?

A. 元々細胞内に含まれる成分で、水分を保持する機能を持っています。年齢と共に減少しますので、注射にて補うことでハリのある肌に回復できます。

Q. 目尻のしわが気になるのですが注射できますか?

A.歯科医院での注射になりますので、基本お口の周りとなります。ご希望の場合は美容外科等をお探しください。

Q. 注射は痛いですか?

A.麻酔を使うことをご希望されれば、お痛みなくヒアルロン酸を注射することができます。

Q. 急に注射をすることはできますか?

A.担当の医師がおりますので、必ずご予約の上ご来院ください。担当医とカウンセリング後に、すぐに注射をすることはできます。

Q. 注射によるダウンタイムがありますか?

A.基本特に腫れたりするようなことはありませんが、万が一症状が出たとしても、すぐに回復しますのでご安心ください。

ヒアルロン酸注入が適している治療箇所

ヒアルロン酸注射ができる箇所

ヒアルロン酸のメーカーについて

TEXOXANE社(スイス)製の「テオシアル」というヒアルロン酸注入剤を使用します。 お口だけでなく、顔全体、美容にも使用されている品質の高いヒアルロン酸を使用した製品ですので、安心して治療を受けていただくおとができます。

厚生労働省(旧厚生省)の「歯科口腔外科に関する検討会」

平成8年に、厚生省(当時)において、歯科口腔外科に関する検討会が開かれました。その中で「標榜診療料おしての歯科口腔外科の診療領域について」という議題があり、歯科医師が単独で診療することができる領域として、以下の領域が意見として取りまとめられました。
「標榜診療料としての歯科口腔外科の診療領域の対象は原則として口唇、頬根幕、上下歯槽、硬口蓋、舌前3分の2、口腔底に、軟口蓋、顎骨(顎関節含む)、唾液腺(耳下腺を除く)を加える部位とする」