toggle

小児歯科

定期検診にお越しください

歯科検診を受ける

子供は、体の成長と共にもちろん歯も成長しています。まずは、定期的に検診することが大切です。検診を受診されることで、乳歯が生えたり、永久歯に生え変わったり、歯並びの状況など常にチェックすることができます。

更に、乳歯や生えたての永久歯は大変柔らかく、虫歯になりやすい状況です。フッ素を塗布したり、シーラントにより大事な歯を守ります。乳歯の虫歯を防ぐことは、永久歯の虫歯を防ぐ他、永久歯を正しい位置に誘導することも繋がります。

歯みがき方法

また、歯みがき指導も行いますので、お母さんもお子様もしっかり歯みがきができるようにしていきましょう。

学校歯科健康診断の結果が来たら?

まずは、結果の用紙をお持ちいただき、受診してください。結果の内容にもよりますが、学校検診では、大勢を一気に検診しておりますので、実際に詳細にチェックすると、さらに悪いところが発見されるかもしれません。改めて歯科医い医院で詳細にチェックして、治療計画をたてて行きましょう。

歯がぐらぐらしたら?

ぐらぐらした乳歯

手で触ることもできますが、ばい菌が入ってしまう可能性もありますので、一度診せていただくことがいいですね。永久歯の状況も確認する必要があるので、レントゲンを撮ることもお勧めします。

虫歯がある時は

初期虫歯

ホワイトスポットと呼ばれる、歯の表面が白くなっている場合には、経過観察をする場合もありますが、明らかに表面が茶色くなってしまっているような、虫歯ができている時には、治療を行います。 虫歯の部分を削り取り、レジンと呼ばれる歯科用プラスティックで穴を塞ぎます。

フッ素塗布

フッ素の役割

フッ素を塗布すると、歯をコーティングするというより、歯の周りにあるカルシウムイオンや、リン酸イオンと一緒に歯の結晶を作り、歯から溶け出したイオン(脱灰)を再び、歯として戻してくれる作用があります(再石灰化)。

歯自体にフッ素が残っていますので、常に再石灰化を手助けします。3~6ヵ月に一度塗布をおすすめしております。

シーラント

乳歯や生えたての永久歯は、エナメル質が柔らかいため、大変虫歯になりやすい状況です。

特に6歳臼歯と呼ばれる、一番奥歯は歯みがきが届きずらく一番虫歯になりやすい歯とも言えます。

エナメル質が硬くなるまで、一時的に奥歯の溝をレジンと呼ばれる歯科プラスチックで穴埋めしてなだらかにすることで、虫歯を予防します。

半年に一度、シーラントが取れていないかチェックが必要です。

子供の転倒による歯の強打

子供が転ぶとき

赤ちゃんから中学生まで、転倒などにより歯を強打することがあると思います。

出血などが見られなくても、乳歯のお子様には、永久歯に、永久歯の方には歯根に問題が発生しているかもしれません。レントゲン撮影をお勧めします。

万が一、永久歯が抜けてしまった場合には、牛乳につけてすぐに歯科医院に来てください。