toggle

再生治療

骨の量が足りないといわれた方へ

当院では、他院にて骨の量が少ないので、インプラントは不可能と言われた方にも、骨を増やす治療を行い、インプラントができるように治療を行っております。まずは当院のインプラント無料相談をご利用ください。

GBR法

GBR法

インプラントを埋入するのに骨が足りない場合、その部分に人工骨を入れて、骨が再生するのを待ちます。

5~8か月ほど時間が経つと、人工骨の細片が硬くなり、インプラントを埋入するのに適切な骨量になります。

GBR法の手順

GBR手順1

①抜歯したため、骨がくぼんでいる部分は骨が足りない

GBR手順2

②歯肉を切開する

GBR手順3

③骨のくぼんだ部分に人工骨をいれて、5~8か月待つ

サイナスリフト(上顎洞挙上術)

上顎の奥歯のエリアは、上顎洞という空洞の底が下の方に位置しているため、骨の高さが不足していることがあります。このような場合には、上顎洞の底に人工骨を移植して高さを増やします。

サイナスリフト手順

サイナスリフト①

①上顎洞があるため、骨が足りません

サイナスリフト②

②シュナイダー膜を押し上げます

サイナスリフト③

③できた空間に人工骨を入れて骨の高さを増やします