toggle

お子様の歯みがき

ご両親の歯は大丈夫ですか?

ご家族に虫歯が多い方がいらっしゃると、ご飯の時にスプーンやお箸を通じて、唾液から大人の虫歯菌がお子様に移ることも。まずは、大人の方の虫歯のチェックが重要です。

お子様の歯みがき

小さいお子様はまずは歯ブラシを持つ習慣をつけましょう。ここで気を付けないといけないのは、歯ブラシを持ったまま遊んで、転ぶという事です。小さいお子様は特に大人が横で見ながら歯みがきをするようにしましょう。

仕上げ磨き

お子様が磨く歯ブラシと仕上げ磨きの歯ブラシを準備しましょう。小さいうちは、まずは歯ブラシを握らせることに専念し、小学生ぐらいまでは、必ず大人の方が仕上げ磨きをするようにしましょう

補助清掃道具も使えるように

フロスの習慣化も小さいうちに身につけさせたいところです。形状はお子様がやりやすいものを選び、方法については、歯科衛生士にお尋ねください。

フッ素を活用しましょう

フッ素は、虫歯予防に大変効果的です。お子様の年齢に合わせた歯磨き粉を用意しましょう。小さいお子様には含有量に制限があります。また、洗口液も有効です。歯みがき後に洗口液を含むことでフッ素がお口の中に残ります。

特に夜寝る前の歯みがきは念入りに

寝ている間は、唾液量が減り、細菌が増えやすい時間になります。お食事後の歯みがきは実践していただきたいところですが、特に寝る前の歯みがきは丁寧に行ってください。

乳歯も大切

いずれ乳歯は生え変わるからという方も少なくありませんが、乳歯の虫歯は永久歯にも影響します。虫歯ができるという事は、お口の中の細菌多いという事です。そのままの状態で、永久歯が生えて来れば当然永久歯も虫歯の危険にさらされます。また、乳歯が早期に抜けてしまうと、永久歯に歯並びにも影響します。乳歯の時もしっかりケアしていきましょう