toggle

小さい虫歯の治療

歯に少し黒い部分ができて、歯髄(歯の神経)まで行っていない場合は、虫歯の部分を削り、穴を塞ぐ処置を行います。歯髄のかなり近くまで行っている場合は、お痛みを感じる可能性があるので、麻酔が必要ですが、普通は麻酔せず、虫歯の部分のみ削り取ります。

CR(コンポレットレジン)を用いての修復では、削った部分にCRを詰めて光を当てて固めます。レジンは歯科用プラスチック樹脂ですので、白く審美的に優れています。白は白でも種類が何種類かあり、患者様の歯の色に合わせて、選んでいます。CR治療でしたら、1回の治療で完了です。

歯の側面、歯と歯の間までに及び虫歯を削った時や、虫歯が大きかった時、歯髄近くまでの深い虫歯の際は、インレーと呼ばれる銀色の被せ物を作ります。削った個所の型どりを行い、一週間程度お待ちいただいて、被せ物をセットします。

保険治療ですと、銀色の被せ物になりますが、セラミック治療(自費治療)でしたら、白い歯をお作りすることも可能です。

CRで対応する程度の虫歯でしたら、ほとんど治療痕が残りません。何か違和感を感じる時は早めの受診をお勧めします。