toggle

インプラント治療の流れ

こちらは、2回法と呼ばれる治療方法です。手術が1回のみの方法もありますが、患者様の状態により歯科医師がよい方法を選択します。

【Step1】 相談と検査

レントゲン写真

患者様のお悩みをまず伺います。次にお口の中を視診いたします。

さらに精密検査口腔内写真検査、CT検査、レントゲン検査、お口の型どりをいたします。
※CT検査のメリットは、これまでのレントゲンでは把握できない3次元画像の解析を行うことで、正確な治療方針と安全なインプラントを提供できます。 当院では、医院内で全ての検査ができる環境を整えています。

【Step2】 診断と説明

診断と説明

検査の結果を元に診断をいたします。

インプラント治療にあたり、必要な治療の有無、治療期間、費用について詳細に説明いたします。

【Step3】 インプラント治療の前の予備治療

インプラント前の治療

患者様のお口の状況は様々ですが、インプラント治療の前に他の治療が必要な場合があります。

虫歯・歯周病治療、再生治療、矯正治療、お口の中のクリーニングなど。治療内容により期間は異なります。

【Step4】 インプラント埋入1次OPE(外科手術)90分程度

インプラント1次OPE

歯槽骨に穴をあけて、インプラント体を埋め込みます。インプラント体は、骨と結合するまで、歯ぐきを閉じておきます。

埋入後3~6ヵ月インプラントが固定するまで待ちます。

【Step5】2次OPE(外科手術)30分程度

2次OPE

歯ぐきを開き、アバットメントを設置します。歯ぐきの治癒を待ちます。

歯ぐきが治癒するまで2~4カ月待ちます。

【Step6】上部構造づくり

上部構造づくり

仮歯つけ、上部構造を作成します。

噛み合わせを調整しながら、使ってみます。

1~3か月様子を見ながら調整します。

【Step7】メンテナンス

メインテナンス

上部構造を装着したら、完成です。

3か月に1度定期検診にお越しいただき、歯ぐきの状態やネジのゆるみ、噛み合わせなどをチェックしていきます。

インプラントメインテナンス

インプラントは、治療が完了したら終わりではありません。天然歯と違い、インプラントは歯根膜がなく、直接骨に生着しているため、細菌が侵入する防衛機能がありません。そのため、天然歯よりも注意を払って、細菌の侵入を防がなければなりません。インプラント炎症炎になるとインプラントと歯ぐきの間から入った細菌が周囲の粘膜に炎症を起こし、顎の骨を溶かしたり、さらには、インプラントが露出することもあります。